智辯学園の生徒との座談会

 10月22日、奈良智辯カレッジで、人権教育の一環として国際理解の授業に参加しました。対象は高校1年生120名余りで前半、パワーポイントを使ってグローバル香芝の活動について説明。

 その後、

1.本で日本人の嫁として暮らすと言う事(野口ジョーンさん-シンガポール出身)
2.留学生から日本の社会人へ(ウィン・ウィン・チュエさん-ミャンマー出身)
3.夢の実現に向けて(ムンフツェツェグ ドゥルゲーンさん-モンゴル出身)
4.留学・国際結婚(小椋 晴美さん 日本)

 の4つの分科会に分かれ座談会形式でスピーチが行われました。

 担当の先生方から、生徒たちのコミュニケーション能力を少しでも伸ばしていきたいという熱い要望にどれだけ答えられたかどうかは今後の課題ですが、グローバル香芝の市内での新しい取り組みとして継続していけることを期待したいと思います。

(会員 : 小椋)
20161022.jpg

コメント


認証コード7444

コメントは管理者の承認後に表示されます。