日本語勉強会

 2月23日(土)にふたかみ文化センター会議室において2018年度2回目の日本語勉強会が開催されました。当日は市民6名、会員8名、合計14名が参加し、楽しい雰囲気の中で日本語 学習支援について学びました。今回も日本語教師養成講座講師の松下光宏先生を講師にお招きし、「社会参加を通じた日本語学習支援」をテーマに支援者・被支援者の関係を超えた支援方法について講義・ワークショップ・発表と言う形で1時間半の研修会が行われました。松下先生は今回が最後という事で以前にもまして熱が入っていたように感じました。
 これまでのグローバル香芝での勉強会は学習者が何を目的に日本語を勉強しているかで、学習支援を行っていたが、これでは教える側(日本語母語話者)と教えてもらう側(非日本語母語話者)の意識が前提として存在していた。その垣根を超える意味で新たな日本語学習支援方法として、何かをテーマとして外国人と一緒になってテーマに沿った活動をする中で会話を行い、自然と日本語学習支援を行うという方法を学びました。今後益々、外国の方々が居住者となって我々の隣人となっていくことが予想されますが、共存共栄と言う素晴らしい関係を築くためにグローバル香芝の一員として貢献できたらと思います。

(則松)

日本語勉強会

日本語勉強会

コメント


認証コード1764

コメントは管理者の承認後に表示されます。