第58回 国際理解セミナー「ポーランドの紹介」 

マルチン・タタルチュックさん

 7月14日(土)第58回 国際理解セミナーがふたかみ文化センター会議室において開催され、マルチン・タタルチュックさん(以後マルチンさん)を講師にお迎えしポーランドについてさまざまなお話を聞きました。
 プロフィールの紹介によるとマルチンさんはワルシャワ生まれ。ワルシャワ大学で日本語学科で修士号を修得。2009年京都大学に入学し、現在も博士課程において「20世紀学」の研究に取り組んでおられるということです。
 一方で「連帯」のワレサ議長と日本の新聞社との通訳をしたこともあり、多数の企業等の通訳の仕事やポーランドに関する講演会など多忙な日々を過ごしておられます。
 ポーランドについて位置は中央ヨーロッパのどこか正確にはわからず、首都はワルシャワぐらいしか知識がありませんでした。
 マルチンさんからポーランドについて、まず首都・政府・面積・人口・国章・国旗・国の位置などの基本的な事柄から、歴史・宗教・多文化、多民族で成り立っていること・ポーランドの有名人・民芸品等について詳しくお話を聞くことができました。
 マルチンさんは始終とても流暢な日本語で話されたのでよく理解でき、ポーランドがより身近に感じられるようになりました。
 今回のセミナーは歴史的な酷暑と言われる中、73人の参加者は熱心にマルチンさんの話に傾聴され、更にポーランドとの交流、理解が深まることを期待したいと思います。
 最後にマルチンさんが講師として大変お忙しいところお越しくださったことに感謝すると共に益々研究に励まれ、活躍されることを祈念しております。

河合

国際理解セミナー「ポーランドの紹介」

国際理解セミナー「ポーランドの紹介」

コメント


認証コード3816

コメントは管理者の承認後に表示されます。