2015年スポーツ交流会

5月9日 白鳳短期大学にて

スポーツ交流会寸描

 とにかく盛り上がりました。留学生は若さを爆発させ、会員は昔に還り、実りある交流会でした。
 まず、ドッジボール。練習の時、一人ずば抜けて上手な学生が目につきました。低めを狙ったスピードボールに相手はばたばた倒れます。ところが、いざ本番になると俄然誰もが本気になり、試合は白熱してきます。軟らかな、けれどもはち切れそうなボールは、彼等の若さを象徴しているかのようです。
 審判を兼ねたIさんのルール説明は、順序だっていて分かり易く、また試合のあとでは、勝負の判定に加えて、「疲れたでしょう。少し休んでください」と労いの言葉がけがあり、ギャラリーの私も心が和みました。
 続いて、ペットボトル仕立てのボーリング。十本のピンが実力(?)相応にうまく倒れて大成功。これは、ペットボトルの水量の調節がみそです。
 和やかな昼食会の後は、文字釣りやジャンケンゲームでした。午前午後を通じたグループ対抗戦で、得点は瞬時に加算されて競争意識が高まり、歓声のあふれた一日でした。
 参加者は、白鳳短期大学と大阪教育大学の留学生24名(14ヶ国)、教職員2名、一般市民2名、会員18名でした。

(会員 土井)

20150509.png

コメント


認証コード4826

コメントは管理者の承認後に表示されます。