20周年ご挨拶

神野,) グローバル香芝(香芝市国際交流市民の会

 1994年に香芝市当局による1年間の国際理解セミナーの受講修了生たちが「このまま解散するのはもったいない」とスタートさせたのが始まりです。
 市民の皆様のご理解ご協力は勿論、市当局・大阪教育大学・白鳳女子短期大学、国際交流イベントでご協力頂いている、大阪きもの着付学院・俳句「四季の会」・お琴「さくら筝一門」や茶席「浜田社中」の方々をはじめとする多くの皆様、そして会員の地な活動で、草の根の国際交流・国際理解に取組んでまいりました。
 1998年には「世界に開かれたまちづくり」に貢献しているとして自治大臣表彰を受けました。これは皆様と共に進めてきた取組みへの賜物と誇りに思っております。
 現在50名の会員が『出来る事を出来る時に出来る範囲で』をモットーに、国際理解セミナーの開催、市広報お知らせ版の翻訳、在住外国人や留学生の日本語・日本文化学習のお手伝い、各国の食文化に触れる国際料理教室の開催、留学生の日本の夏祭り体験といった国際交流・国際理解の行事に取組んでおります。
 現在の香芝市の外国人居住者は約500人であまり変化していませんが、外国人が住みやすい、そして市民にも国際的で住み易い多文化共生の街づくりにお役に立てるよう活動を続けて行きたいと願っております。
 これまでの20年を礎に、会員一同より一層の力を合せて活動を続けて行きたいと気持ちを新たにしております。
 どうか皆様のより一層のご指導・ご支援・ご協力をお願い致します。

コメント


認証コード6570

コメントは管理者の承認後に表示されます。