拡大国際理解セミナーの感想文

 12月10日(土)に香芝市中央公民館にて『国際交流始めよう in 香芝』というイベントがありました。
 午後2時から開始。
 当日は肌寒く雨が降りそうな天気でした。
 学生達は準備が大変だったみたいです。
 白鳳短大、大教大の共同。
 一般の方々がたくさん来場されることを祈りながら始めました。
 私も近所の方々に来ていただくよう勧めました。
 スリランカのブースを担当でしたが、当日、学生さんがカゼで休まれ、急きょカンボジアのブース担当に。
 カンボジアの留学生さんとは初対面でしたが、旅したことのある国で、お話しして仲良くなり、スムーズに進めることができました。
 それぞれのお国の民族衣装のおひろめ、展示のみの国、パソコンでの紹介コーナー、踊りあり、演奏あり。
 ベトナムの琴 (日本より弦が多いし小型) にすごい興味がありました。私もお琴やってるので。
 パソコンでのお国紹介コーナーで、風習や食べ物、あいさつの紹介。
 あいさつはインド・タイとよく似ています。手を合わす位置が身分によって違うことに驚きました。私が習った手話に似ています。
 お国のクイズコーナー。
 貨幣の単位も日本円と比べたら少ない。タイのブースでは、国王が亡くなったから、またお札が新しくなると聞きました。
 来場された方々は、驚かれたり、感心したりと。「日本語がお上手ね」、「海外になかなか行けないから、いい刺激になった!」と喜ばれてました。
 留学生は学校で期間内での勉強のみで、一般の人達とのかかわりが少ないので、私達がプロデュース。日本での楽しい思い出や体験ができて、お国に帰った時に自慢や自信になり、ひと皮剥けた大人として成長されることになるはずです。
 これからも多くの学生さんの心の支えになれるよう、日本の母として頑張って行きたいと思います。

(会員 : 山田)
20161210.jpg

コメント


認証コード2428

コメントは管理者の承認後に表示されます。